トップページ  > 「バラマン爺の釣行記」  > 今月は良く釣れた 2002年1月     |  お問い合わせ |  お申し込み

今月は良く釣れた 2002年1月


先月に引き続き、今月も全くといって良いほど雨の降らない雨期のケアンズでした。

時折、思い出したように、夜、涼しい日が続いたと思ったら、暑さがすぐにぶり返し、昼間は35~36度、おまけに熱帯夜で、寝苦しい日が続きました。

海のほうは、少しづつ濁りがでてきたものの、雨が少ない為例年ほどではなく、クリアーな水を探して遠出しなくても済んだので、かなり楽をさせてもらいました。

 

今月はGTフィッシングで2日、3日と連続してチャーターされたお客様が多く、海のコンディションにも恵まれ、まずまずの釣果が得られました。

右の写真は5名でいらしたクリモト様グループのGTです。27キロでした。このときは奥様も同行され、翌日には奥様もGTをしとめることができました。

今月も、バラマンディは淡水域よりも海岸部の方がいい釣果が得られたようです。私も1度早起きをしてフィッシングに出かけましたが、朝2時間で、バラマンディ2匹、グッドサイズ(1.2メートル程)のクイーンフィッシュを1匹しとめることが出来ました。(ちなみに右の写真ですが、片手に魚、片手にカメラを持って撮影しました。ツルツルした岩場の海岸で、なるべく魚が傷つかないように写真を撮ってリリースするのは結構大変です。はたから見ていると結構笑える場面かもしれません。近くでカヌーの練習をしていたオージーにも「Good Job」と笑いながらいわれました。)

他には「ルアーマガジン」の取材で菊本プロもいらっしゃいましたが、海岸部でメーターオーバーをしとめることが出来たようです。(多分、これ、次回のルアーマガジンに掲載されると思います。楽しみにしておいてください。



もっと貪欲に楽しみましょうよ
最近ガイドをしながら思うことは、みなさんあまり海や川ののコンデションを気になさらないでフィッシングをされているということ。

潮時、潮の方向、海底の地形、深度等々、事前にインフォメーションをインプットしていれば、もっといい釣果が得られるように思いますし、そのときの結果とコンディションを考え合わせれば、そのときの結果を次につなげることも可能かと思います。

また、そういったデータ-を持っていれば、ガイドがいないようなバージンポイントに出かけても、海の状況から、的確な判断の下、より良い釣果に結び付けられるような釣行ができるかと思います。なんといっても、そういうふうに海を読んだ方が釣りが楽しいでしょ。

なんか皆さん、ガイドの言うことに従うばかりで、殆どの方からリクエストでてこないのは、これに原因があるのではないかと感じています。

もっと貪欲にフィッシングを楽しみましょうよ。
ガイドの時間を買っているのはみなさんなのですから、もっとリクエストを出してください。可能な限りリクエストにお答えします。