トップページ  > 「バラマン爺の釣行記」  > パプアニューギニア釣行記 その3 2000年9月     |  お問い合わせ |  お申し込み

パプアニューギニア釣行記 その3 2000年9月

7時頃、起床。

上半身にかなりの筋肉痛が残っている。今日はいよいよ最終日。昨日のジャーマンマーカーからリーフ沿いに北上し、ラバウル方面に戻るコースを取る予定だ。

少し早めに出発し、チャネルに向かう。チャネルに到着して早速第1投。

今回使用したポッパー

筋肉痛のためか、キャスティングがぎこちなく、飛距離もあまり伸びない。これで、炎天下の中、1日中キャスティングしっぱなしの状態になるかと思うと、体力が持つかどうか心配になる。やはり日頃の不摂生が悔やまれるが、いまさらどうしようもない。

この日は、昨日よりバイトが多く、15キロ~20キロクラスGTがよくバイトしてくる。おまけに赤いの(バラハタ)も集団でチェイスしてくる場面もあり、コンディションはよさそうである。

我々も次第に慣れてきて、赤いのをうまくかわせるようになってきた。

最初はバイトしてくるだけで、なかなかフッキングせず、悔しい思いもする場面も、しばしばであった。確実に30キロオーバーはあるかと思われるGTがチェイスしてきたこともあったが、思うにまかせず、いらつくばかり。

それも、時間を追う毎にフッキングするようになり、順調に数を稼げるようになった。

結果からいえば、午後3時頃の納竿までに、7匹のGTを釣り上げることができたが、それ以上のGTのチェイスがあり、自分の技量不足を痛感する。

途中、リーフの外側で流木が浮いているのを見つけ、なにか釣れるだろうと思って、アントンに近づくように指示する。

100メートル程近づいたところでアントンが「ビルフィッシュ(カジキ)!!」と叫んで指差す方向に目をやると、セイルフィッシュが浮いているではないか。

とっさに青物用に手にしていた150グラムのジグを付けた遠投用のタックルからGT用のポッパーの付いたタックルに持ち替えて、近づけるまで近づく。

「逃げるな、逃げるな」と頭の中で念じながら、ロッドを構える。心臓がバクバク音を立てているのが解る。

80メートル、70メートル、60メー。「あッ、動き出した。まずい!!。」。

60メートル程近づいたところでゆっくりと体を水の中に静めてしまった。逃げられたら終りと思い、セイルフィッシュの視線の先だと思われるあたりにポッパーをキャスティングする。

ポッピングさせながら祈るような気持ちでリールを巻いてくる。

と、突然ボートの手前10メートル辺りで、水面に青黒い体を浮かせてセイルフィッシュがポッパーをチェイスしはじめた

。「バイトしろ、バイトしろ!!」。祈るような気持ちでポッパーを巻き取る。

「そこだっ。バイトッ!!」

と思ったのもつかの間、ポッパーが宙に舞ってしまった。「あッ」と思い、再度キャスティング。

ポッパーが着水し、アクション。

ボートから20メートル程手前で、またチェイスするのが見える。「しめたッ!」と思ったが、10メートル程度チェイスしただけで、結局バイトしなかった。

あとで考えると、GT用のポッパーではなく、もっと遠投できるようなタックルで、確実にフッキングすることを優先に考えた方がよかったのかと思い、悔やまれることしきりであった。

とりあえず、「フッキングさえしていれば、・・・・・」。今回最大の不覚だった。

結局3時頃納竿。 その頃には2人とも熱さでドロドロ状態で、冷たい水につかりたいと思いリーフの脇に船をとめて泳ぎたいとジョンに伝えたがサメが多いからやめた方がいいという返事。

しかたなくモーターでくみ上げた海水を船上であびることにする。あとは冷たいビールを飲んで、ラバウルに向かうだけだ。

思い返すとこの3日、とにかく熱くてハードなフィッシングのラバウルでした。


追記

翌日は、体をヒートダウンさせる為、ダイビング。

その日の夕方、少し離れた桟橋まで、夕涼みがてらフィッシングに出かけてみた。砂浜から20メートル程沖にはりだした桟橋で、深度は4メートル程度。

地元アングラーでいっぱいである。

殆どの人が自作のタックルを使っている。1メートル程度の木の両端にガイドを取り付け、リール(?)として15センチ程度の木ぎれにラインを巻いたものを器用に使っている。

その中で、7フィート程度のロッドにペンのリールを装備したレゲエ風のオジサンがルアーをキャスティングしていた。

ラバウルではかなりのお金持ち?と思ってみていると、いきなり彼のロッドにアタリがあり、ファイトが始まった。

何が上がってくるのだろうと思ってみていると、上がってきたのはなんとカツオ。

1時間ほど我々もキャスティングしてみたが、いっこうにアタリはなかった。ただ足元をカツオが何回となく泳いでいくのを目の当たりにした。

ラバウルではカツオのキャスティングをするのに、ボートは必要ないらしい。