トップページ  > マーレーコッドフィッシング     |  お問い合わせ |  お申し込み

マーレーコッドフィッシング

マーレーコッドは、アマゾンのピラルクー、アフリカのナイルパーチと共に、世界3大淡水魚の中の1つに数えられるオーストラリアのネイティブフィッシュです。オーストラリアの淡水魚中、最も大きくなる魚で、過去には、100キロオーバーの記録も残っています。フィッシングでのアベレージサイズは60センチ(3キロ)前後ですが、15~20キロサイズが釣れることもあります。

クイーンズランド州とニューサウスウエールズ州の州境、グレートディバイディングレンジの西側に広がる牛や羊の放牧場の中を縫って流れるマーレー川水系がそのフィッシングエリアとなります。この釣行ではエマビルという村がそのベースとなります。

川では、流れの所々にある深度のあるプールがポイントとなります。川に沈んでいるユーカリの倒木や、大きな岩周りなどのストラクチャーを目安にキャスティングしていきます。

キャンプ、あるいはフィッシングロッジをベースに、その周辺にあるポイントへ車で移動し、そこから、ポイントとなるプールからプールへ、岩場の川岸を徒歩で移動しながら釣り歩きます。大きなプールでは、カヌーを使ってボートフィッシングを行います。9~11月は産卵時期のため、禁漁期となります。冬季は水温低下にともない活性も低下しますので、12~4月がシーズンとなりますが、1月、2月は雨量が多く、川が増水してコンディションが悪くなる場合もありますから、1月、3月、4月がベストシーズンと言えるでしょう。

弊社ツアーでは、現地在住の現地ガイドが必ず同行します。マーレーコッドフィッシングでは、複雑に入り組んだ私有地(放牧地)の中を通って、幹線道路から釣り場へとアクセスします。そのときの釣り場のコンディションやアングラーのレベル、日程に応じて、豊富な選択肢の中から、最適なロケーションを提供し、釣果を確実なものとするためには、現地事情に精通したガイドは不可欠です。

フィッシングターゲット(魚種)

  
 
     
 
 

マーレーコッドフィッシング、関連サイト

マーレーコッド(「バラマン爺(じい)のブログ」)

日本からのアクセス

● ゴールドコーストまで

ジェットスター航空利用(成田、関空から毎日、直行便を運行)
※季節により、運行スケジュールに変更があります。事前に御確認下さい。

● ゴールドコーストから現地まで

陸路、車にて4時間

弊社契約先のフィッシングロッジの環境

 弊社が利用するフィッシングロッジは、エマビルの村から15分程度の山中にあります。 ロッジの目の前が大きなプール(淵)になっていて、もちろん、このプールでのフィッシングも楽しめますが、通常は、このフィッシングロッジをベースに、付近を流れるいくつかの川にアクセスし、マーレーコッドフィッシングを楽しみます。

 このエマビル付近は、ニューイングランド地方でも、グレートディバイディングレンジに近く、インバレルやアッシュファードといった同じニューイングランドの他のエリアより極端に谷が深く、川までのアクセスが容易ではありません。それに私有地となる放牧地の中に川が流れていて、一般道から川へアクセスするためには、いくつもの私有地を通り抜け、川までアクセスできるルートを熟知しておく必要があります。 マーレーコッドのフィッシングガイドは、通常、このニューイングランド地方の中心地のひとつであるインバレルやアッシュフォードをベースにしている場合が多く、このエマビル付近まで足を伸ばすフィッシングガイドはほとんどいません。

 弊社契約のフィッシングガイドは、このエマビル在住のローカルガイドで、付近の地理に詳しく、もちろん川が流れる私有地のオーナーとも良好な関係を保っています。

マーレーコッドのフィッシングシーズンは11月から5月までの6ヶ月間に限定されます。8月から10月末までは産卵期のため禁漁期間に指定されています。当然、この時季に私有地のオーナーの許可を取り、私有地の中に入って釣りをすることなど不可能です。 4月上旬のイースターホリデー辺りから気温もかなり下がり始め、初霜が下りる時季になります。従って、6月以降は、魚の活性が極端に低くなり釣果が望めなくなります。

 この11月から5月までの6ヶ月間のフィッシングシーズンに、フィッシングを目的としてこのロッジを訪れるアングラーは多く有りません。もともとこのロッジは、4月からのハンティングシーズンにハンターのために用意されたロッジで、アングラーがフィッシングロッジとして利用する機会はあまり多くないのです。

 そういった理由から、このフィッシングロッジ周辺は、アングラーのプレッシャーが少なく、マーレーコッドフィッシングにとっては最高のロケーションが保たれています。

弊社マーレーコッドフィッシングツアーの特徴

● 現地の釣り事情に精通した現地ローカルガイドによるガイド

マーレーコッドのフィッシングポイントとなるマーレー川上流部は、その殆どが、牧場(私有地)の中にあり、フィッシングポイントに立ち入るためには、土地所有者の許可を得ることが必要になります。そういった点では、フィッシングガイドは川の状況に精通していることはもちろん、土地所有者との良好な関係が不可欠となります。弊社では、現地在住のローカルガイドが必ず同行します。

● 安い交通費

ゴールドコーストまでは、LCC(格安航空会社)であるジェットスターが、関空、成田から直行便を就航させていて、国際線の航空運賃が安く設定されています。しかも、ゴールドコーストから 現地までは陸路での移動ですから、国内移動での航空運賃が発生しません。

● フィッシングに割ける時間が多い

ゴールドコーストへの直行便を利用すれば、ゴールドコースト着が早朝となり、その日の午後にはフィッシングが可能です。帰国便も昼前の出発ですから、帰国前日でも、終日フィッシングが 可能です。

● 短期休暇でスケジューリングが可能

下記サンプルスケジュールのように、現地3泊4日(2日半の終日フィッシング)の釣行の場合、週末の休日を利用して金曜日の夜に日本を出発すれば、火曜日の夜には帰国できます。

コース詳細

● 最小催行人数

1名より

● 料金

お問い合わせ下さい。

● 宿泊

フィッシングロッジ、もしくはキャンピングカー

● サンプルスケジュール

1日目  日本発
2日目   早朝  ゴールドコースト着、車にて現地へ
 現地着
午後  半日フィッシング
3日目    終日フィッシング
4日目    終日フィッシング、フィッシング終了後、移動
5日目  午前中  空港到着、国際線搭乗
 夜  日本着

フィッシングタックル

● ロッド、リール、ライン

バスフィッシングのタックルをそのまま使えますが、より釣果を上げるために、以下の点に留意下さい。
 ・ライン
  ナイロンラインなら16~20ポンド、PEなら20~30ポンド
  ※個人的にはPEラインをお薦めします。
 ・リーダー
  40~50ポンド。大物を狙うならリーダーは必須です。リーダーはPE専用の伸縮性のあるリーダーをお薦めします。
 ・リール
  メインはベイトリールですが、スピニングリールとベイトリールの両方を用意した方が、キャスティング範囲が広がります。

● ルアー

 ・リップの大きなディープダイバールアーでフローティングタイプのもの
 ・朝夕、活性が高い時間帯は、ペンシル、ノイジー、ジタバグ系のトップウォーター
 ・深度のあるポイントではスピナーベイトも有効