オーストラリア、ケアンズの釣り情報

ケアンズ、マーリン(カジキ)
ケアンズ、GT
ケアンズ、バラマンディ
ケアンズ、スパニッシュマッカレル
ケアンズ、バラマンディ

ケアンズは汽水域でのバラマンディー、グレートバリアリーフでのGT、ブラックマーリンのトローリングなど、海、川ともにそのターゲットとなるゲームフィッシュが豊富です。 しかもダーウィン、パプアニューギニア、ヨーク半島といった、さらなる聖域へのアクセスポイントとしても、日本からのアクセスを考えると最も便利なロケーションです。
ケアンズはオーストラリア大陸の中でもかなり北に位置し、熱帯性の気候です。年によって前後しますが、だいたい4月から11月までが乾季で、12月から3月までが雨期となります。 雨期といっても本格的な降雨は2月の中旬から4月初旬に限られます。2月から3月はケアンズ北方のニューギニア近海にサイクロンが発生し易くなり、海が時化ることもあります。 季節は日本と逆で7月、8月が冬となりますが、真冬でも日中はTシャツ、短パンなど、軽装で過ごせます。

ケアンズの気候と釣りのシーズン

← 横にスライド →
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 32 31 30 29 27 26 26 27 28 29 31 31
平均最低気温 24 24 22 22 20 18 17 18 19 21 22 23
水温 29 28 28 26 25 23 22 23 24 25 27 28
雨量(mm) 399 441 464 177 91 51 30 26 36 35 84 167
ブラックマーリン × × × ×
セイルフィッシュ
バラマンディ
GT

※上記インフォメーションはケアンズエリアのものです。広大なオーストラリア大陸では、地域によりシーズンが異なりますので、ケアンズ以外のエリアに関する シーズナリティーは、お問合せ下さい。

ケアンズ周辺の釣り

バラマンディファーム(管理釣り場)

ルアー/フライ/餌釣り、ボートチャーター、1日/半日

ティナルーダム、淡水バラマンディ

沖釣り(餌釣り)、乗り合い/チャーター

トローリング、チャーター

GT/ジギング、チャーター

ヒンチンブルック島、ルアー/フライ

タウンズビル、ルアー/フライ

ケアンズのマーリン(カジキ)フィッシング

ケアンズといえばマーリンのトローリングがよく知られています。ちょうどケアンズ近郊のグレートバリアリーフの外縁部がマーリンの産卵場になっており、世界でも大型のマーリンの数が 最も多い海域として知られ、グランダー(1000ポンド、450キロを越えるサイズのマーリンのこと)が、かなりの確率で狙えるフィッシングスポットとして、シーズン中は世界中の アングラーがマーリンを求めて集まってきます。
6月~8月にかけての時季は、100ポンド前後のブラックマーリン、セイルフィッシュがよく揚がります。コンディションがよければ1日に5匹前後釣れることもあります。大型マーリンの本格的なシーズンは9月から11月で、毎月トーナメントが開催されます。この時季はグランダーも 期待できます。マーリンのルアーキャスティングは小型のサイズのマーリンが多く釣れる8月~9月くらいまでがお勧めです。それ以降はキャスティングにはサイズが大きすぎて向きません。 天候が最も安定しているこの時季は、オ船中泊での釣行も予定通り開催できます。この時季のソルトウォーターフィッシングは、ベストシーズンに当り、各ボートも、早い時期に予約で埋まってしまいます。10月から11月にかけての予約は、半年以上前から予約で埋まってしまうのが普通で、この時季に釣行をお考えの方は、 早めの手配が必要です。

ケアンズのGTフィッシング

ケアンズでは、GTは通年狙えます。ベストシーズンは9月~12月で、この時期は、水温も上昇し、波も殆ど無く、船中泊のトリップで遠出するのに最も適したシーズンです。 冬、5月~8月は、南東の季節風が強くなり、出船停止となる場合も出てきます。1月以降は、雨季が本格化するため、水が濁り始め、コンディションはあまりよくありません。GTフィッシングの釣果は潮周りにかなり左右されますので、釣行をプラニングされる場合は、必ず潮周りを確認して、ベストな日程で釣行に臨みたいものです。ベストシーズンのベストタイドでの釣行ですと、 1日で20匹以上の釣果も珍しくありません。
ベストシーズンは、マーリンのそれと重なっていて、かなり混み合う時期ですので、釣行をお考えの方は、最低でも2ヵ月前までには、ボートの手配を済ませるようにした方がいいでしょう。

ケアンズのバラマンディフィッシング

河口域でのフィッシングはソルトウォーターフィッシング以上にアングラーを楽しませてくれます。熱帯域のため、河川が多く、その河口にはマングローブが生い茂り絶好の魚の生息域と なっています。バラマンディーやマングローブジャック、クイーンフィッシュ、GT、フィンガーマークなどが釣れます。餌さ釣りからルアー、フライフィッシングまで、釣り方は問いません。
バラマンディーは雨季直前から雨季の時期にかけてが、最も釣れる時季です。11月1日~2月1日までは禁漁期となり必ずリリースしなくてはなりません。オーストラリアでは、 淡水のダムにバラマンディーを放流して、レクリエーションフィッシングとしてバラマンデーの釣りを楽しめるスポットがいくつかありますが、ケアンズ周辺では、ティナルーダムが、 大型の淡水バラマンディーが釣れるスポットとして有名です。
冬場はバラマンディーの活性が低くなりますが、反対に大型のクィーンフィッシュやGTが川の河口に入り込んでくるので、ライトタックルで大型の魚を楽しめるのもこの頃です。


LINEでチャット