オーストラリア、パプアニューギニア、インドネシア、ニューカレドニアの釣り情報

パプアニューギニアの釣り情報

パプアニューギニア、パプアンバス
パプアニューギニア、パプアンバス
パプアニューギニア、バラマンディ
パプアニューギニア、GT
パプアニューギニア、マザーボート

パプアニューギニアは、商業ベースでガイドサービスが行われるようになって、まだ日が浅く、それだけに、まだまだ、開拓されていないフィールドが多く、ソルトウォーター、フレッシュウォーター、共に、釣果の期待できるエリアが多いのが特徴です。ソルトウォーターでは、マザーシップを利用した遠征釣行が基本となります。GT、イソマグロ、イエローフィンなど、キャスティング、ジギング共に、実績を上げているポイントばかりです。フレッシュウォーターでは、パプアンバスやスポッテッドバスなど、この地域特有のパワーファイターや、大型のバラマンディがメインターゲットとなります。
パプアニューギニアは熱帯性気候で、季節が雨季と乾季の2シーズンとなりますが、雨季の時季は、ソルトウォーター、フレッシュウォーター共に、コンディションが悪く、オペレーションを行わない場合が殆どです。ニューギニアの中でも、地域により、雨季、乾季の時季が若干異なりますので、プラニングする際は、注意してください。
以前から、観光地として、一般の観光客を受け入れて来たベースがありますから、ボート、宿泊施設は、ハード、ソフト共に、サービスの行き届いた施設が利用できるようになっています。パプアニューギニアへは、日本から、週一便、直行便が就航しています。それ以外の日程ですと、オーストラリアのケアンズ、あるいはシンガポール経由でアクセス可能です。

パプアニューギニア

ガルフ、パプアンバストリップ(ロッジ泊)

ニューブリテン島、パプアンバストリップ(ロッジ泊)

パプアンバス、マザーシップトリップ

ソルトウォーター、マザーシップトリップ


LINEでチャット