Sample Company

メディアコーディネート

弊社では、釣りに関連したテレビ番組、メーカーのプロモーション映像の撮影、雑誌の取材釣行等、各媒体の現地コーディネーターとして、オーストラリアだけでなく、パプアニューギニア、インドネシア、ニューカレドニアにて、長年に渡り携わってきた実績があります。コーディネーションのご依頼があれば、いつでもご連絡ください。

コーディネーション履歴

2002/04 釣りビジョン、「THE FISHERMAN」撮影
GTフィッシャーマンとして有名なプロアングラー、鈴木文雄氏をレポーターとして、ダーウィン沖合いのメルビル島へ。GTとバラマンディーをターゲットに釣行。メルビル島の後、 ダーウィンに移動し、近郊のマリーリバーで淡水バラマンディーとサラトガを撮影。

2003/02 釣りビジョン、「魚種格闘技戦」撮影
プロデモンストレーター、村田基氏をレポーターに、ニューサウスウェールズ州の山間部で、オーストラリア固有種、世界3大淡水魚の一つ、マーレイコッドを撮影。マーレイコッドが 日本に紹介されたのは、西村徹氏以来、2度目

2003/10 サンテレビ、「ビッグフィッシング」撮影
フィッシングベストシーズンのケアンズで、小グループに分かれ、バラマンディー、GT、マーリンを狙う。メインキャスターはオール阪神氏。マーリンの撮影では、 1泊2日のトリップで500ポンドクラスのマーリンをランディング。

2003/10 釣りビジョン、「魚種格闘技戦」撮影
アングラーは村田基氏。ヨーク半島の先端、ウエイパでのマザーボートフィッシング。ターゲットはもちろん1メートルを超えるモンスターバラマンディー。その他クィーンフィッシュなど 多魚種を撮影。

2004/02 釣りビジョン、「THE FISHERMAN」撮影
ブリスベン近郊、フレーザー島で、前年にランディングされた60キロオーバーGTの記録を塗り替えるべくポイントへ。出船後、悪天候により、撮影中止。

2005/06 釣りビジョン、釣りビジョン、「FISHING CAFFE」撮影
オーストラリアのバラマンディーフィッシングを題材に、環境保護、資源保護の現状を紹介。フィッシングではダーウィン東方のアーネムランドへ。アボリジニー文化の一端も紹介。 管理者自身がレポーターを勤める。

2007/03 BS-1、「世界秘境釣行」撮影
アングラーは田辺哲男氏。オーストラリアの固有種、世界3大淡水魚の一つ、マーレイコッドをニューサウスウエールズ州の山中に追う。

2008/09 釣りビジョン、「THE FISHERMAN」撮影
アングラーはGTフィッシャーマンとして有名な鈴木文雄氏。近年、大型GTのフィールドとして注目のニューカレドニアでの船中泊釣行。現地フィッシングガイドのガイド振りも見もの。

2014/11 BS-TBS、「釣り百景」撮影
アングラーは、元EXILEの清木場俊介氏。グレートバリアリーフでGTフィッシング、ジギングに挑む。

2014/12 BS-TBS、「釣り百景」撮影
アングラーは村田基氏。淡水ダムでの大型バラマンディをターゲットに、クイーンズランド州のプロサパインにあるピーターフォーストダムへ。

2014/12 DAIWA、プロモーションビデオ撮影
翌年のフィッシングショーに向けて、新製品のプロッモーション映像を撮影。アングラーは、村越正海氏と西野成彦氏。GTキャスティング、ジギング、トローリングの撮影を行う。

2015/11 DAIWA、プロモーションビデオ撮影
翌年のフィッシングショーに向けて、リール「EXIST」のプロモーション映像を撮影。ヒンチンブルック島にてバラマンディの釣行シーンを撮影。。

2016/02 よさこいケーブルネット 「それいけ爆釣中」撮影
オーストラリアの固有種、マーレーコッドとサザンサラトガ、2魚種をターゲットに撮影。

2017/10 釣りビジョン、「魚種格闘技戦」撮影
アングラーは村田基氏。淡水ダムでの大型バラマンディとケアンズ沖でのグランダーマーリンがターゲット


LINEでチャット